種類別製品

CWレーザー(固体)

Cobolt社は独自技術の高温硬化接着による光学素子固定化技術 HTCureにより、堅牢な共振器構造を製造することができ、極めて信頼性の高いのレーザー発振器を製造することができます。波長は主に355nm, 457nm, 473nm, 488nm, 491nm, 515nm, 532nm, 553nm, 561nm, 594nm, 660nm, 785nm, 1064nm等からなり、精密分光、顕微鏡やホログラフィ等の分野に世界的に使用されております。

CW波長可変レーザ

C-wave

c-wave
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

可視域CWのOPOがついに実現しました。C-waveは狭帯域で波長450~650nm及び900~1300nmの範囲に渡り、高分解能で可変することができるレーザーです。

  • 波長
    450nm~650nm, 900nm~1300nm
  • 出力
    最大400mW

レーザーコンバイナー

レーザーコンバイナー C-FLEX

C-FLEX

近年、多種のレーザー波長の増加と同時に1つの装置に複数のレーザー光を搭載する必要性のあるレーザー顕微鏡やフローサイトメーター等のアプリケーションも増えてきました。しかしながら、専有面積の増大や、レーザー光を同軸にする際のアライメントの煩わしさの問題があります。そこで、 HÜBNER社はCoboltの375nm~1064nmレーザーを容易にファイバーカップリングすることができるレーザーコンバイナーを開発しました。現在、最大搭載数6, 4種類のタイプがあり、近日中に8機種のタイプが発売予定です。

Cobolt CW固体レーザー

Cobolt社(コボルト) 320nmレーザー Zydeco

Cobolt社(コボルト) 320nmレーザー  Zydeco
  • 理化学用途
  • 産業用途
  • 計測用途

Cobolt社製の320nmレーザーは、青色半導体レーザーを励起光源としてPr:YLF結晶から得られる640nmレーザー光の第二高調波によって得られます。320mnレーザー光は世の中に出て間もないため、未知のアプリケーションに対して期待できます。

  • 波長
    320nm
  • 出力
    20mW

355nmレーザー (Cobolt)

Cobolt社(コボルト) 355nmレーザー  Zouk
  • 理化学用途
  • 産業用途
  • 計測用途

Cobolt社製355nm CWレーザーは1064nmレーザーの第三高調波によって得られます。355nm, CWレーザーは安定して発振させるのが極めて難しく、Cobolt社の製造技術の高さを物語っております。

  • 波長
    355nm
  • 出力
    10, 20mW

Cobolt社(コボルト) 457nmレーザー Twist

Cobolt社(コボルト) 457nmレーザー Twist
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製457nmレーザーは、914nmレーザー光の第2高調波によって得られます。914nmレーザー発振には強励起が必要ですが、Coboltの優れた共振器構造により、小型で高いビーム品質をたもちながら発振することが可能です。さらに<1MHz以下の極めて狭い線幅(シングル縦モード)をもつため、ラマン分光やホログラフィにも最適です。

※半導体457nmレーザー(400mW)もございます。

  • 波長
    457nm
  • 出力
    25, 50,100, 200mW

Cobolt社(コボルト) 473nmレーザー Blues

Cobolt社(コボルト) 473nmレーザー Blues
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製473nmレーザーは、946nmレーザー光の第二高調波によって得られます。473nmレーザーを用いたアプリケーションはページ内の参考文献をご参考下さい。

※半導体473nmレーザー(300mW)もございます。

  • 波長
    473nm
  • 出力
    25,50mW

Cobolt社(コボルト) 491nmレーザー Calypso

Cobolt社(コボルト) 491nmレーザー  Calypso
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

バイオアプリケーションによく使用されている488nmレーザーは可干渉性が低い問題がありましたが、Cobolt社製491nmレーザーは固体レーザーのため488nmレーザーでは達成できないアプリケーションに有力です。

  • 波長
    491nm
  • 出力
    25, 50, 75, 100, 200mW

Cobolt社(コボルト) 515nmレーザー Fandango

Cobolt社(コボルト) 515nmレーザー Fandango
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製515nmレーザーは1030nmレーザー光の波長変換によって得られます。出力は最大300mWとなります。

  • 波長
    515nm
  • 出力
    25,50,100,150, 300mW

532nmレーザー (Cobolt) (ラマン分光やホログラフィーなどにも最適)

Cobolt 532nmレーザー Samba
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製532nm CWレーザーは小型でありながら最大1.5Wの出力を発振することができます。また、50kHzまでのデジタル及びアナログ変調可能な532nm 固体レーザーもございます。

  • 波長
    532nm
  • 出力
    25,50,100,150,300, 400, 500, 1000, 1500 mW

Cobolt 532nm, 553nm, 561nmレーザー高速変調タイプ

532nmレーザー
  • 理化学用途
  • 産業用途
  • 計測用途

一般的に固体レーザーは直接の高速変調が困難でしたが、Cobolt社製の532nm, 553nm, 561nmレーザーは最大5kH~50kHzのアナログ・デジタル変調を行うことができます。

  • 波長
    532nm, 553nm, 561nm
  • 出力
    25mW~200mW

Cobolt(コボルト) 561nmレーザー Jive

561nmレーザー
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製561nmレーザーは1121nmレーザー光を波長変換することによって得られます。また、50kHzまでのデジタル及びアナログ変調可能な561nm 固体レーザーもございます。

  • 波長
    561nm
  • 出力
    25,50,75,100,150,200, 300, 500mW

Cobolt(コボルト)社594nmレーザー Mambo (オレンジ)

Cobolt 04series
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製594nmレーザーはバイオアプリケーション等に有力です。ページ内の参考文献もご参考下さい。

  • 波長
    594nm
  • 出力
    25,50,100mW

Cobolt(コボルト)社640nmレーザー Bolero (赤色レーザー)

Cobolt(コボルト)社640nmレーザー Bolero (赤色レーザー)
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製640nmレーザーはPr:YLF結晶を青色半導体レーザーによって励起されることによって得られます。非線形光学結晶は含んでいない構造です。1Wの640nmレーザーRogueもございます。(縦マルチモード)

  • 波長
    640nm
  • 出力
    300, 500mW

Cobolt社640nmレーザー Rogue (赤色レーザー)

Cobolt 05series
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製の高出力CW640nmレーザーRogueは、シングル縦モードの640nmレーザーBoleroと異なり、マルチ縦モードで高い品質を保ちながら1Wの出力を発振させることができます。STORMなどの超解像顕微鏡にも実績がございます。

  • 波長
    640nm
  • 出力
    1000mW

Cobolt(コボルト)社660nmレーザー Flamenco (赤色レーザー)

Cobolt 04series
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製660nmレーザーは1320nmレーザー光の第二高調波によって得られます。

  • 波長
    660nm
  • 出力
    100, 300, 500mW

Cobolt(コボルト)社1064nm レーザー Rumba

1064nmレーザー
  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

Cobolt社製1064nm CWレーザーは手のひらサイズでありながら、最大3Wまでの出力を発振することができます。

  • 波長
    1064nm
  • 出力
    400, 500, 1000, 2000, 3000mW

Cobolt 04・05シリーズ一覧表(固体レーザー)

Cobolt_04

Cobolt社製の04・05シリーズは製品群の中で最も標準的な固体レーザーです。小型でありながら高い出力をもち、単一縦モードで良好なビーム品質をもっています。(660nmレーザーRogueはマルチ縦モード)

  • 波長
    320nm, 355nm, 457nm, 473nm, 491nm, 515nm, 532nm, 561nm, 594nm, 640nm, 660nm, 1064nm
  • 出力
    20~3000mW

Cobolt 多波長一体型レーザーSkyra

Skyra

Cobolt社製のSkyraは信頼性の高い532nm, 553nm, 561nm, 405nm, 445nm, 473nm, 488nm, 515nm, 633nm, 638nm, 647nm, 660nmレーザーから4波長を組込むことができ、各波長に対して高速変調も行うことができます。

  • 波長
    DPSS及びLDの12波長から4波長
  • 出力
    最大100mW

Cobolt ファイバーカップリングソリューション

fiber pigtailing

CoboltはファイバーピグテイルやKineFlexファイバーカップリング等の様々なファイバーソリューションを提供致します。

  • 波長
    355nm~1064nm