CWレーザー(固体)

Cobolt 532nm, 553nm, 561nmレーザー高速変調タイプ

532nmレーザー

概要

一般的に固体レーザーは直接の高速変調が困難でしたが、Cobolt社製の532nm, 553nm, 561nmレーザーは最大5kH~50kHzのアナログ・デジタル変調を行うことができます。

  • 波長
    532nm, 553nm, 561nm
  • 出力
    25mW~200mW

用途

  • 理化学用途
  • 産業用途
  • 計測用途

製品特長

●50kHzまでのアナログ・デジタル変調(波長による)

●シングル縦モード

●良好なビーム品質

●PCからの簡単制御

●独自のHTCure技術による超堅牢な密閉パケージ

●極めて小さい光ノイズ

●24ヶ月保証

●多波長一体型Skyraに搭載可能

製品紹介ビデオ

製品仕様

仕様532nmレーザー高速変調タイプ553nmレーザー高速変調タイプ561nmレーザー高速変調タイプ
波長公差 
出力100 mW, 200 mW50 mW50 mW, 100mW
ビーム拡がり角(全角)< 1.2 mrad
ビーム横モード(TEM00)M2 < 1.1
スペクトル幅(FWHM)<1 MHz(< 0.01 pm)
ビーム径700 μm ± 70 μm
消光比>100:1 直線、垂直
ビームシントリー(出射口) > 0.95:1
ノイズ 250 Hz ~ 2MHz (rms)< 0.3 %< 0.25 %< 0.25 %
長時間安定度(8時間)< 2 %
消費電力< 20 W
電源DC 5V, 5A
ヒートシンクの推奨熱抵抗0.5 K / W 
レーザーヘッドサイズ/重量100 × 40 × 40 ㎜
コントローラーサイズ82 × 56.6 × 32 ㎜
通信USB又はRS232C

オプション製品

ピックアップ製品

この製品についてのお問合せ・資料請求

製品カタログのご請求、その他、各種お問合せを、こちらのメールフォームにて承っております。
※弊社の個人情報取り扱いについてプライバシーポリシーをご確認の上、お問い合わせください。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合