CWレーザー(固体)

Cobolt社(コボルト) 515nmレーザー Fandango

Cobolt社(コボルト) 515nmレーザー Fandango

概要

Cobolt社製515nmレーザーは1030nmレーザー光の波長変換によって得られます。出力は最大300mWとなります。

  • 波長
    515nm
  • 出力
    25,50,100,150, 300mW

用途

  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

製品特長

●シングル縦モード

●良好なビーム品質

●PCからの簡単制御

●独自のHTCure技術による超堅牢な密閉パケージ

●極めて小さい光ノイズ

●24ヶ月保証

アプリケーション

●ラマン分光 (Raman Spectroscopy)

●フローサイトメトリー (Flow cytometry)

●ホログラフィー (Holography)

●顕微鏡 (Microscope)

製品紹介ビデオ

製品仕様

仕様515nmレーザー Fandango
04シリーズ05シリーズ
出力25, 50, 100, 150 mW300 mW
スペクトル幅<1 MHz(< 0.01 pm)
波長安定性(ウォームアップ後)2 pm(±2℃, 8時間)
ビーム横モード (TEM00)M2 < 1.1
ビーム径700 μm ± 50 μm
ビームシンメトリー(出射口) > 0.95:1> 0.90:1
拡がり角(全角)<1.2 mrad
ノイズ(pk-pk) 20 Hz ~ 20 MHz<2 %, typical < 1.5 %<2 %
ノイズ(rms) 20 Hz ~20 MHz<0.25 %, typical < 0.15 %<0.2 %
長時間安定度(8時間, ±3 °C)<2 %
消光比>100:1 直線、垂直
ビームポインティングスタビリティー<10 μrad/°C, typical 5 μrad/°C
消費電力<35 W, typical 15 W<63 W, typical 30 W
ヒートシンクの推奨熱抵抗0.4 K/W 0.2 K/W
動作温度10 〜 40 °C
レーザーヘッドサイズ102 × 60 × 40 ㎜125 × 70 × 45 ㎜
コントローラーサイズ190 × 72 × 28 ㎜
通信RS-232 または USB

Cobolt 515nmレーザーを用いた参考文献

Publication A. Tengholm et al. Fluorescent protein vectors for pancreatic islet cell identification in live cell imaging 2016

Editorial Fluorescence microscopy of living cells using new 515 nm DPSS lasers Photonik International Magazine 2009

オプション製品

ピックアップ製品

この製品についてのお問合せ・資料請求

製品カタログのご請求、その他、各種お問合せを、こちらのメールフォームにて承っております。
※弊社の個人情報取り扱いについてプライバシーポリシーをご確認の上、お問い合わせください。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合