CKD社

CKD社は1943年(昭和18年)に日本航空電機株式会社として設立され、1945年に中京電機株式会社と社名を変更し、
真空管製造装置や蛍光灯製造装置などの自動機械装置の開発、設計、製造からスタート。
創立から70余年の年月の中で、今では自動機械装置は140商品群、空気圧機器・流体制御機器は7,000商品群、50万アイテムを揃えるに至りました。

ユニバーサルロボット用グリッパ

CKD社ユニバーサルロボット用グリッパ

CKD社ユニバーサルロボット用グリッパ
  • 産業用途

 CKDは3タイプの協働ロボット用グリッパ「RLSH-コンパクト」、「RHLF-ロングストローク」、「RCKL-3方爪」をユニバーサルロボットユーザーへ提供します。空気圧式のため小型、軽量ながら高把持力で、動作設定も簡単です。グリッパは工具なしで交換することができ、全シリーズ共通のフランジを使用しているため、段取り替えが簡単に行えます。さらに、作業者の安全のため、グリッパの作動状態を瞬時に確認できる、360度視認可能なインジケータランプを搭載しています。CKD 協働ロボット用グリッパは、プラグ&プレイに必要なすべての機器をオプションとして用意しています。